私たちは知的に障害のある人たちが「地域で普通の暮らしが送れる」
 ことをめざしていろいろな活動・事業を行なっています。

   → サイトマップ   →アンケート
育成会の紹介 法人の事業 施設の紹介 募集 リンク集 アクセス
研修 余暇活動 生活支援 行事 その他  
生活支援の内容 障害児デイケア事業        

☆中学生・高校生の方で放課後や学校の長期休業期間に活動する場をお探しの方へ、是非ご利用下さい。



【対象者】


  次のすべてを満たす方
  @名古屋市内にお往まいの在宅の方
  A愛護手帳の交付を受けているか児童相談所その他の判定機関により、知的障害があると判定された
   中学生及び高校生

【実施場所】


施設名 所在地 電話番号 最寄り駅・停留所
天神山いこいの家 西区天神山町2−8 521−5698 市バス:天神山
桜山いこいの家 昭和区下構町1−3 853−3979 地下鉄:桜山
あつたいこいの家 熱田区神宮四丁目4−5 671−6219 地下鉄:伝馬町


【定  員】


  各10名(1日あたりの利用定員)

【利用料等】


○下記の利用料一覧をご参照ください。(1日350円〜920円、生活保護世帯は無料)
 ※知的障害の状況、利用時問、送迎の有無などにより、金額が異なります。

○おやつ代やレクリエーション等に使用する材料費などの実費については、別途利用者のご負担となります
 (生活保護世帯もご負担あり)。

○利用料等は、月単位で翌月の施設が定める日までに、当該施設にお支払いください。

【開所日】


 原則、年末年始・日祝日を除く毎日
 ※施設によって異なりますので、各施設へお問い合わせください。

【開所時間】


 平常14:30〜18:00(ただし、保護者の方が送迎される場合は、19時まで利用することができます)
  ※長期休暇等は、開始・終了時間は施設によって異なりますので、各施設へお問い合わせください。

【事業内容】


 ○送迎
 ・西 養護学校 〜 天神山いこいの家 〜 ご自宅またはご自宅付近の拠点
 ・天白養護学校 〜 桜 山いこいの家 〜 ご自宅またはご自宅付近の拠点
 ・南 養護学校 〜 あつたいこいの家 〜 ご自宅またはご自宅付近の拠点
 ※上記の学校以外への送迎はありません。また、ご自宅またはご自宅付近の拠点への送迎は、地域により
  できない場合があります。

 ○社会に適応するための日常的な訓練
 ○レクリエーション等の余暇提供
 ○ボランティアによる交流活動

【利用料一覧】


知的障害の状況等 平日 長時間加算※
愛護手帳1〜2度相当の方 540円 160円
愛護手帳3度相当の方 430円 120円
愛護手帳4度相当の方 350円 100円
送迎 片道 110円

※土曜日及び長期休業期間の一日6時間を超える場合に適用されます。

【申込から利用まで】



 申込


@利用希望日や対象児童、世帯の状況等を記載した利用申込書を科用希望先の施設に
  提出します。
  (簡単な聴取りを行いますので、必ず電話で予約した上で来所ください。)



A施設から、名古屋市に関係書類が送付されます。



B名古屋市が利用決定を行い、施設を通じて利用決定通知書を送付します。
 (利用期間は原則として平成21年3月末目まで)
 ※利用決定がされましたら、施設からお知らせいたします。利用定員が限られているため、実際の利用日については、  ご希望に添えない場合があります。利用にあたっては、事前に施設とご相談のうえ、必ず利用前に一度予約されてか  ら、利用される対象児童の方とともに来所してください。


 ※急な利用が必要となった場合には、利用されている施設にご相談ください。
  利用状況によって受け入れ可能な場合は、利用できることがあります。
  

 利用


C学校終了後、学校またはご自宅等に迎えにいきます(施設と学校の距離等により対応が困難な場合もあります)。
 移動支援を利用することも可能です。



D日常的な訓練や、レクリエーションなどをして過ごします。



E終了後、ご自宅等へお送りします
 (施設が対応できない場合や、保護者自身による迎えご希望の場合は、保護者の方の迎えとなります。)   
 行きと同様に、移動支援の利用も可能です。



【申込時期】


  空き状況により随時受付中

【提出書類】


  ・利用申込書    *ここをクリックしてください   
  (愛護手帳等の確認をさせていただきますので併せてご持参ください。)

【申込先】


  利用希望の各施設

【その他】


  いこいの家は障害のある乳幼児が親とともに通い、療育などを実施する事業(いこいの家事業)を週3日、午後2時頃まで実施しています。いこいの家における障害児デイケア事業は、この「いこいの家事業」終了後に同スペースで実施します。(従前の「中学・高校生の障害児放課後支援事業」をほぼ移行し、平成20年4月1目から実施しております。
〜名古屋手をつなぐ育成会 トップページに戻る〜