私たちは知的に障害のある人たちが「地域で普通の暮らしが送れる」
 ことをめざしていろいろな活動・事業を行なっています。

   → サイトマップ   →アンケート
育成会の紹介 法人の事業 施設の紹介 募集 リンク集 アクセス
研修 余暇活動 生活支援 行事 その他  
研修の内容 育成会全国大会        

平成22年度 全日本手をつなぐ育成会全国大会
         ・本人大会

○日 時  平成22年10月30日(土)〜31日(日)

○会 場  第一日目 郡山市「ビックパレットふくしま」
              〒963−0115 福島県郡山市南二丁目52番地
              п@024−947−8010

       第二日目 郡山市「郡山市民文化センター」
              〒963−8878 福島県郡山市堤下町1番2号
              п@024−934−2288


 昨年9月の政権交代により、わが国の障害者施策が大きく見直されることになりました。新政権により「障がい者制度改革本部」が設置され、その下の障害者団体が参画する「障がい者制度改革推進会議」において、障害者制度改革のための本格的な検討が進められています。
 この取り組みは、国連「障害者権利条約」の視点から、わが国の障害者施策全体を見直し、法律や制度の整備を進めるもので私たち育成会も大きな期待をもっています。
 特に、障害者自立支援法にかわる新たな福祉法の制定が示されており、知的障害のある人たちのニーズにしっかりと応えてくれる制度ができることを願っています。また、所得保障の確立や特別支援教育の充実、就労支援と雇用の促進などとともに、虐待防止や差別禁止、成年後見といった権利擁護のための法制度やシステムの整備が求められていまうす。
 これらは、まさしく知的障害のある人たちが「ふつうに暮らす」ための環境であり、条件です。これらの様々な課題に立ち向かうことが、私たちの育成会活動です。
 私たち育成会は、これらの活動をとおして、知的障害のある人たちとその家族が安心して暮らせることを願うとともに、すべての人たちが共に支え合う社会づくりをめざし、ここ福島県郡山市において本大会を開催いたします。

○大会主題
・知的障害のある人たちのニーズに応える制度の構築
・国連「障害者権利条約」を反映した国内法制の整備
・地域づくりに向けた育成会活動の推進
・本人活動の推進と育成会の役割
・暮らしを支える基盤整備

○大会スローガン
開拓・チャレンジの地「ふくしま」から、さらなる一歩
 ―幕らしを支えるネットワークと地域づくり―

○主 催
・社会福祉法人 全日本手をつなぐ育成会
・手をつなぐ育成会 東北ブロック協議会
・福島県手をつなぐ親の会連合会

〜名古屋手をつなぐ育成会 トップページに戻る〜